インターネットを見ていると

禁煙するのに一番効果がある○○とは > ニュース > インターネットを見ていると

インターネットを見ていると

2014年9月 1日(月曜日) テーマ:ニュース

「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって利益を上げる投資です。

値は、いつも上下しています。

これが為替です。

 

インターネットを見ていると、ドルやユーロの為替レートのニュースが流れる場面があります。

 

たとえば、「ただいまの為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を示しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを言い表しています。

 

別の言い方をすると、買いと売りの価格があるという事です。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示している業者もあったりします。

 

普通は買値よりも売値のほうが小さく決定されています。

 

私達が買値は高く、売値は低くなります。

 

その差額をスプレッドといい、FX取引会社の収入の1つになっています。

 

スプレッド幅は業者によって変化します。

 

スプレッドはあなたにとって支出となるので小さいFX会社をセレクトするほうが有利です。

 

ただ、状況に応じてスプレッドは変わります。

 

もしいつもはドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの広さだとしても市場の動きが激しい場面では1銭よりも大きくなったりします。

 

そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと同様に安定しているということが大事です。

 

最近では変わらないスプレッドの幅を見せるFX会社もいろいろあります。

 

実際に取引会社の売買画面内でリアルなレートを見て確認しなければ見分けられないのでやっかいですが、重要な事です。

 

貴重な財産を投入して注文するわけですから、本物の売り買いの前に興味を持ったFX業者の新しい口座開設を積極的にして提示されているスプレッドの狭さを実感しましょう。

 

同じ通貨でもそのタイミングの為替相場の変動率(ボラティリティ)によって、通貨のスプレッドの差は変わることがあります。

 

いつもはインターバンクで流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが小さく、それ以外のペアではスプレッド幅が大きくなる事が多いです。